目を大きく見せるメイクの方法

目を大きく見せる方法として簡単に実践できるのがメイクで、特に女性の場合はアイメイクを工夫するだけで簡単に目を大きく見せる事ができるようになっています。

ポイントはアイメイクの基本となっているアイライン・アイカラー・マスカラなどが挙げられているので、ひとつひとつのポイントを押さえることが大切だとされています。

まずアイラインを使った方法としては、「ラインを目幅より長めに引く」というところがポイントになっています。

これはリキッドタイプのアイラインの方が実践しやすくなっていて、目の形に合わせてラインを引いた後に両端を書き足すような感じで延ばして引きます。

またアイシャドウを使った方法としては「グラデーションを作るようにする」というテクニックが必要となっていて、目が大きくなる方法で立体感を生み出す事によって大きく見せる事ができるようになっています。

やり方としてはホワイトやピンク系の明るいアイカラーをアイホール全体に広げた後に、目の際にラインを引く感覚でブラウン系の濃いカラーを載せてグラデーションを意識して二重幅までぼかしながら広げて行きます。この時に一重の人は二重ラインにするとより大きく見えやすくなっていますし、綺麗なグラデーションにする事ができるのでおすすめです。

ほかにも涙袋を作ることによって下瞼に立体感を生み出す事ができますし、さらにマスカラを使った方法としてロングタイプを使って上下のまつげを放射状に広げるというやり方があります。

こうすることによって広がりが生まれるのでより大きく見せる事ができるようになっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です