残業代請求は簡単?
2018年5月24日

歩合給制と残業代の請求

歩合給制とは月給制や年俸制のように固定で決められた給与を受け取るのではなく、個人の成績や組織としての成績によって金額が変動する給与形態です。

歩合給制であっても月給制や年俸制と同じように時間外労働があれば残業代が発生しますし、休日出勤や深夜帯の勤務に対する手当てが出ます。その為歩合給制である事を理由に残業代の支払いをしないという主張は認められません。もし歩合給を理由に残業代の支払いがされていない場合は他の給与形態の時と同じように労働者は支払いを要求する事ができます。未払いの残業代を請求する時は残業があった事を認めてもらえる証拠を集めておく必要があります。自分でメモをした記録なども証拠として効果がないわけではありませんが、より確実な証拠の方が認められやすいです。

タイムカードのコピーや業容のアドレスでのメールの送受信記録などの方が証拠能力として高いです。時間外労働をした時間もはっきりさせてその時間数だけ働いた事を確認できるように資料を整理しておく必要もあります。未払いの残業代は何時まででも遡って請求できるわけではなく、過去に2年まで遡って請求する事ができます。少しでも請求できる金額が多いうちに請求する為にも前もって証拠の整理などをして素早く行動に移れるようにするべきです。労働者本人だけで話を進める事も可能ですが、弁護士や司法書士などの専門家に依頼して代理人として活動してもらう事も可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です